ドライブがすき。

ドライブをするのが好き。

目的地は決めずに初めて見る景色を楽しむ。
観光地とか特別な場所じゃなくて、
自分の住む街の中、通ったことがない道を走る。

いつも通勤途中にあるビルが、角度によって全く違う建物に見えたりするのが楽しい。

中学校の時、バレーボール部で私は
チームの中でも特別な存在じゃなくて。

誰かがミスがすると、「連帯責任だ」と
全員が強い口調で責められるのが辛かった。

いまなら、だからこそチームワークが強くなったって思えるけど
当時は、ミスをするぐらいなら、無難にやり過ごそうって思ってた。

新しい事をして失敗したり、迷ったりするより、いつも通りがいい。

 

就職して、仕事を覚えるのにとても苦労した。

やるべきことは教えてもらえるけど、
どうしたらそれができるようになるかがわからない。

努力しろって言われるけど、
何をどうがんばったらいいのかわからない。

できない自分のせいで部活の時みたいに、
他の人に連帯責任で迷惑をかけたくなかったから
できない自分と向き合うのが苦しかった。

そんな自分を見かねて、先輩が私に本をくれた。

そこには

「迷わない自分になるために、迷ってもいい。
大事なのは、迷ったところから何をみつけるか。」

みたいなことが書いてあった。

 

世界の見え方が変わったような気がした。

迷ってもいいんだ。

大きな通りと離れた路地から
いつもの街を見てみよう。

私は、初めての道をドライブするのが好き。

 

一覧に戻る


×